はじめに  
 



学校飼育動物とは、小学校や幼稚園、保育園などで飼育されている動物たちをいい、その動物たちと子どもたちが、ふれあうことにより、命の尊さ、弱者をいたわる心、世話をすることによる責任感、死の悲しみ等を体験し、生命、倫理観を育む基礎を身に着け、他人に対する思いやり、優しい心を育む「心の教育」の一環として学校で動物を飼育することが提唱されています。
  日本小動物獣医師会では『社会の中の獣医療』をモットーに、獣医師がいかに社会に貢献していくかを実践しており、学校飼育動物支援事業は、本会の重要な事業の一つと位置づけ、子どもたちや先生方のお役に立てるよう様々な活動しております。


 
 
 
  学校飼育動物・飼育マニュアル「学校における望ましい動物飼育のあり方」が平成15年5月文部科学省より全国の小学校に配布、これを元に学校での動物飼育は行われています。
文科省HPに飼育の手引き書 データー掲載ダウンロードできます。

下をクリックしてダウンロードしてください。
 >> 学校における動物飼育についてー文部科学省
 
     
 
 
  このマニュアルは動物飼育にあたって次のことについて留意するよう記載されています。
  1. 掃除と餌やりの飼育から、意図的、計画的飼育へ
  2. 必要かつ十分な条件を整える
  3. 飼育する意義や目的を明確にする
  4. 教科や特活等における位置づけや指導の基本を明確にする
  5. 保護者や地域の人々の理解や支援を得る
  6. 取り組みについて毎年確認し合う

日本小動物獣医師会では様々な活動を実践しながら今後の課題は次の点にあると考えています。
  1. 教育委員会と連携し、関連法規及び各基準に沿った動物飼育の確立と予算の確保
  2. 動物介在教育と認識し、動物介在教育のカリキュラムを確立
    管理職、教員研修の充実と教職課程における動物介在教育講座の新設
  3. 動物介在教育支援体制の確立   
  4. 学校、自治体、獣医師会、地域ボランティア等によるネットワーク作り、
  5. 学校獣医師制度の確立
以上のことを踏まえ、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
 
     
 

関連リンク

>> 全国学校飼育動物研究会
>> 学校飼育動物を考えるホームページ