大切な時間を最高の環境とともに


災害対策委員会から募金のお礼

本年4月に発生した熊本地震に対して、皆様から多額の浄財をお預かりいたしました。
この貴重な浄財は、多くの動物や動物支援に関係する人々への支援金とさせていただきます。
募金のお願いは、8月末日をもって終了することといたしました。
多大なご協力を賜りましたこと厚くお礼を申し上げます。ありがとうございました。

狂犬病の予防接種と登録のすすめ

発災時には不安や恐怖など多くのストレスのため、避難所では犬が人に咬み付いたり、犬同士が咬み合ったりする咬傷事故が発生することがあります。
病気やケガで収容された動物救護センター内でも咬むことのない犬がボランティアを咬む事例が多発しました。
日頃、狂犬病予防接種を受けていない犬が避難所や救護センターへの入居ができない場合も検討されています。
また、市町村はその地域に登録・注射している頭数に合せてフード水やクレートなどを準備します。
もし、登録・注射していないと援助物資が足りなくなってしまいます。
犬には年に一度の接種と生涯に一度の登録は飼い主さんの責任において実施しましょう。

災害対策委員会マニュアル集

LinkIcon緊急時動物救護センター編
LinkIcon臨床獣医師の為の災害準備
LinkIcon緊急災害時動物病院災害対策マニュアル≪初動編≫
LinkIcon獣医師による避難所巡回編

みなさんの協力をもとめます

LinkIcon東日本大震災・原発事故被災動物の譲渡にご協力ください (2014-09-10)
LinkIcon東日本大震災・原発事故被災動物の譲渡にご協力ください (2015-01-29)

会員獣医師 マップ

動物病院の場所を地域別に掲載しています。お近くの獣医さんを探す時にご利用ください。
地図はマウスでドラッグすると移動することができます。
画面上の+、-をクリックすると拡大・縮小ができます。
印刷してお使いになれるように、ここをクリックすると別ウインドウに開きます。

(2016年現在)



Topics

  • ペットと一緒に災害避難(2014/01/25)
  • 広島土砂災害情報(2014/11/30)
    • 広島市で起きた土砂災害について広島市開業獣医師連合協議会が発表した小動物関連の情報を記載します。LinkIconここをクリックして表示
  • 大規模災害時の公衆無線LAN無料開放(2014/05/27)
    • 無線LANビジネス推進連絡会は、大規模災害時における公衆無線LANの無料開放および、訪日外国人向けの公衆無線LANの取り組みについて発表会を実施しました。
    • 大規模災害時には、契約している通信キャリアにとらわれずに公衆無線LANを無料開放し、通信手段を確保します。
    • 2015年春以降の実装を目指しているとのことです。
    • 大規模災害時の公衆無線LAN無料開放とは?
    • 大規模災害時に、ユーザーが契約している通信キャリアに関係なく、フリーで利用できる共通の統一SSIDが提供されます。
    • 大規模災害の定義は、「携帯インフラが広範囲に被害を受け、携帯電話やスマートフォンが利用できない状態が長時間継続する恐れがある場合」となっています。
    • 無料開放が発動する目安は「災害発生時より72時間以内」とし、救援者の通信手段確保を目的として解放されます。
    • 「00000JAPAN」
    • 統一のSSIDは「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)となります。これは、端末のWi-Fi設定をオンにした場合、ネットワーク選択画面の一番上に表示されるようにするためです。
    • また、東京オリンピックの「五輪」にかけて、ゼロを5つ並べたとしています。
    • 災害用の統一SSIDは世界初の試み
    • 災害用の統一SSIDは、今回発表された「00000JAPAN」が世界初だそうです。利便性とセキュリティの共存などの課題が残っているようですが、2015年春の実装に向けて環境整備を整えて行くそうです。