寒暖差にはご注意を!

猛暑の夏も過ぎ、すっかり秋ですね。今年も大きな台風が何度となく日本めがけて向かってきます。その台風が過ぎると朝夕の涼しさに秋の訪れを感じます。
この季節は朝晩の気温差が激しく服装に困る事が多く、また寒暖差で体調の崩しやすい季節です。
私たちばかりでなく動物も寒暖差のストレスを受けます。
犬や猫は基礎体温が高いからといって決して寒さに強いわけではありません。
寒暖の差というのは、動物の体温調整に大きな負担をかけ、温度にあわせて身体バランスを適応させている 自立神経に乱れが生じます。
1日を通じて、温度差が5度以上になると生体機能だけで対応できなくなり、身体を丸めたり震えたりなど、行動で温度の調節をするようになります。
ペットの秋冬の温度環境は18~22度と言われています。
もちろん、温度環境だけでなく加湿もお忘れなく。